HOME About KWV Members Plan Fumiato Travel
Books Links BBS 三国山荘 管理者より

極秘プラン プラン報告  A園
プラン名:「魅惑のメイド喫茶」
 山域:秋葉原
  L:A園、AL(アキバ系リーダー):Y口
  M:H田、S、D(大)

 メイド喫茶。それは男の夢とロマンである。秋葉原。それはアレな意味での日本の中心である。我々は、狭い価値観に捉われるのではなく、自分達の知らない世界を知り視野の広い人物となるべく、秋葉原のメイド喫茶に突入することを決めた。とは言うものの、言いだしっぺのA園も「5人も集まったのにあんまり楽しくなかったらどうしよう・・・。」と心配していた。しかし、それは全くの杞憂に終わった。結論から言おう。最高でした。
 これは、準備会の合間を縫ってメイド喫茶に行った5人の猛者たちの旅の記録である。

 12:00秋葉原駅集合。Dはワクワクして30分前に着いてしまったようだ。N本が寝坊で来られず。ベテランのN本無しでアキバを相手にできるのか、とLに一抹の不安がよぎる。とりあえずメイド喫茶に行って昼食を食べることに。まず、メイド喫茶「ひ〇こ家」に行く。印象としては、メイド服のウエイトレスさんがいて、アレな感じのフィギュアがいっぱい置いてあって、全然知らない人のサインがいっぱい壁にかかっている普通の定食屋という感じだった。しかし、店内が以上に狭く、メイドさんも一人しかいなかったので、みんなも不満の色は隠せないようだった。それでも、食後にそれぞれメイドさんとツーショットの写真を撮ることができたのでみんな満足できたようだ。
 そのあと釣り道具屋に行って島プランの買出しをした後(ここらへんがワンゲル)、アレなビデオ屋に行く。そこでみんなのストライクゾーンの遥か下のあたりのアレなDVDを発見し、世界には色んな趣味の人がいるんだなあということを知ってしまう。その後、本日のメインであったアキバで人気のあるメイド喫茶「メ〇ド・イン・エンジェルズカフェ」(通称ミアカフェ)に行く。しかし、大人気で入れず。仕方が無いのでアキバを巡礼して時間を潰す。MDが1枚44円の激安電機店に行ったり、雑貨屋に行ったり、中古CD屋に行ったりした。ラルクファンのDは「ラルクが300円で売られているなんて冒涜だ!!」と憤慨していた。その後コ〇チュームのお店に行って、世の中には色々なコ〇チュームが存在することを知って愕然とする。その後、アレな意味で有名な「と〇のあな」に行く。そこで、みんな全く知らない世界を知って新鮮な気持ちになった。
 その後、再びミアカフェに行ってみると何とか入ることができた。5:00入店。みんなメイドさんがかわいいのと、メイドさんが5人もいる!ことに驚きつつも大満足する。さすが人気があるだけのことはある。そこで、みんな時間を忘れてアレな話やソレな話に花を咲かせた。なぜか居心地のいい場所であった。ただ、平日なのにスーツ姿のサラリーマンが一人で普通に席に座ってメイドさんとおしゃべりを楽しんでいるのがとても気になる。おかわりをすると写真入りのおかわりカードがもらえるので、全員おかわりをしてしまった。なかなか小癪なシステムである。結局店を出ると、日がとっぷりと暮れて7:00過ぎになっていた。ここでプラン終了とし、解散する。
 はっきり言ってこんなに1日楽しめるとは思っていなかった。最初は躊躇していた者も、アキバの魔力に取り憑かれ、結局なじんでしまった。アキバ恐るべし。全員が大満足の良いプランとなった。自分の知らない世界を覗いてみたい人、今の自分を変えたいと思う人にはオススメの場所である。ただ、どういう風に変わってしまうかまでは責任を持てないが。
  コースタイム:ひ〇こ家(1時間)、ミアカフェ(2時間)    計7時間強