HOME About KWV Members Plan Fumiato Travel
Books Links BBS 三国山荘 管理者より

山岳書紹介
山の手引書、山岳小説・エッセイなどの紹介です。ここに載せる本大募集中です!

手引書・技術書・地図
道迷い遭難を防ぐ 最新読図術
村越真 著
山と渓谷社
2001年
紀伊国屋BookWeb
Yahoo!Books
その名のとおり、道に迷わないための読図の技術を学ぶことのできる本。これを熟読し、さらにヤブでもやればあなたの読図力はすごいものになるでしょう。
決定版 雪崩学
北海道雪崩事故防止研究会

山と渓谷社
2002年
紀伊国屋BookWeb
Yahoo!Books
雪崩による事故をふせぐため、冬山参加者必携の本。特に山スキーの人は購入義務があります。雪崩は怖い・・・
登山者のための 最新気象学
飯田睦治郎 著
山と渓谷社
1999年
紀伊国屋BookWeb
Yahoo!Books
山で天気を予測できるようになるためのあらゆる技術・知識を身につけるための本。読めば天気図作成・天気予測のスキルがあがります。
 生と死の分岐点
続 生と死の分岐点

ピット・シューベルト 著
黒沢 孝夫 訳
山と渓谷社
1999年
2004年
紀伊国屋BookWeb
Yahoo!Books
紀伊国屋BookWeb
Yahoo!Books
ドイツ山岳会安全委員会による主にクライミング行為中における事故の徹底分析。豊富なデータと用具・技術の実験に基づく検証は大変参考になります。
岩崎元郎校長の決定版 登山学
無名山塾 編
山と渓谷社
2004年
紀伊国屋BookWeb
Yahoo!Books
中高年向けな所もありますが、参考になるところもいっぱいあります。ぜひ読んでみてくださいな。
インドア・クライミング
東秀磯 著
山と渓谷社
1997年
2001年
(改訂第二版)
紀伊国屋BookWeb
Yahoo!Books
KWVの活動において登攀行為をするのは沢登りだけですが、クライミングジムに通ったりすることはとてもいいトレーニングになります。本書はその際役に立ちます。日吉部室所有です。
ヤマケイ・テクニカルブック登山技術全書
 A縦走登山
山田哲哉 著
山と渓谷社
2005年
紀伊国屋BookWeb
Yahoo!Books
B5版でオールカラーの登山技術書シリーズ。縦走登山という切り口の技術書は見たこと無いかも。ワンゲルではすべての人に役立つでしょう。
ヤマケイ・テクニカルブック登山技術全書
 Fフリークライミング
北山真・杉野保・新井裕己
共著
山と渓谷社
2005年
紀伊国屋BookWeb
Yahoo!Books
こちらはフリークライミングの技術書。
ヤマケイ・テクニカルブック登山技術全書
 G山岳地形と読図 new!
平塚晶人

山と渓谷社
2005年
紀伊国屋BookWeb
Yahoo!Books
山の地形の成り立ちから、より実践的な読図技術までを説明した本。
ヤマケイ・テクニカルブック登山技術全書
 I山岳気象入門 new!
村山貢司・岩谷忠幸
共著
山と渓谷社
2005年
紀伊国屋BookWeb
Yahoo!Books
山で天気の変化を捉えるのにやくだちます。このシリーズはカラーの図・写真が豊富でわかりやすい。
3Dスカイトレック
槍・穂高・上高地を飛ぶ
剱・立山・鹿島槍を飛ぶ
白馬・黒部を飛ぶ


山と渓谷社
2003年
2004年
2004年
紀伊国屋BookWeb
Yahoo!Books
CD-ROMつきの冊子です。まるで鳥になったかのように飛び回る視点で旅することができます。まずは山と渓谷社のホームページに行って体験版をダウンロードしてみましょう。三冊そろえると北アルプスすべてを網羅できます。
山と高原地図

昭文社
毎年
紀伊国屋BookWeb
Yahoo!Books
山の地図の定番、エアリアマップ。地形図とあわせて使いましょう。59個の地図でほぼ全国の山域がカバーされており、毎年更新されるのがうれしいところです。

読み物
狼は帰らず アルピニスト・森田勝の生と死
佐瀬稔 著
山と渓谷社
1980年
1998年(中公文庫)
2000年(新装)
紀伊国屋BookWeb
Yahoo!Books
ノンフィクションです。ひとりのアルピニストの生き様が書かれています。
ミニヤコンカ奇跡の生還
松田宏也 著
山と渓谷社
1983年
2000年(新装)
紀伊国屋BookWeb
Yahoo!Books
中国のミニャコンガという山からの生還。極限状況になっても何とか下山を果たした本人の文章。壮絶の一言です。
生と死のミニャ・コンガ
阿部幹雄 著
山と渓谷社
2000年
紀伊国屋BookWeb
Yahoo!Books
ミニャ・コンガで遭難し、仲間を失い、何とか生還した著者。タイトルどおり生と死がテーマです。
生還 山岳遭難からの脱出
羽根田治 著
山と渓谷社
2000年
紀伊国屋BookWeb
Yahoo!Books
7つの遭難ケースで、遭難者はいかにして生き延び、救助されたかを書いた本。彼らの生きる意志が伝わってきます。
ピッケルと口紅 女たちの地球山旅
北村節子 著
東京新聞出版局
1997年
紀伊国屋BookWeb
Yahoo!Books
昨年部員会にて講演いただいた北村節子さんの著書。女性登山者の世界での山旅を書いた本ですが、面白いです。
山を楽しむ
田部井淳子 著
岩波新書
2002年
紀伊国屋BookWeb
Yahoo!Books
昨年、部員会にて講演いただいた北村節子さんの知人でもある著者。半端なく山登ってます。
山の仕事、山の暮らし
高桑信一 著
つり人社
2002年
紀伊国屋BookWeb
Yahoo!Books
遡行図などで有名な高桑信一さんの生き様の詰まった一冊とでも言うのだろうか。登山の技術云々の本じゃないでけどね。
神々の山嶺
夢枕獏 著
集英社
1997年
2000年(文庫)
紀伊国屋BookWeb
Yahoo!Books
お勧めの山岳小説です。なぜ山に登るのか?がテーマになっています。『狼は帰らず』がモデルです。漫画化もされています。